月別アーカイブ: 2021年3月

子供の勉強問題に日々頭が痛い

3人の子供を育てていると本当に教育問題は頭が痛いです。
自分の昔のことを考えると、親に勉強しろと言われたことはなく、自分から勉強する人間でした。
田舎で育ち、あまり裕福とはいえない家庭で育ち、お金に余裕のある同級生が本当に羨ましかったです。
市内の塾に通ったり、高校時代に留学に送ってもらえる同級生を見ては、自分の家庭ではそれは望むことができず、「あー、自分の親がお金持ちだったら良かったのに!」「実はすっごくお金持ちの親がどこかにいて、本当の親が私を探しに来てくれて留学に行けたらいいのに!」とか、今考えると本当笑えるようなことを考えていました。
塾に行きたくても行けず、でもどうしても田舎から出たくて、お年玉やお小遣いを全部貯金に回して、中学3年生の時に初めて行った塾の夏期講習は本当に感動的でした。
塾の教室に入った瞬間のワクワク感、塾でもらった夏期講習の特別なテキストと教科書。本当にドキドキ、ワクワクして胸が高鳴ったのを今も鮮明に思い出せるし、感じられます。
本当、こんなビンボー生活から抜け出したい!こんな田舎から抜け出したい!絶対に自分は親のような人生は送らない!羨ましいと思っている同級生に自分は自分の力で追いついてやる!という反骨精神やらハングリー精神で、当時漫画オタクでとんでもない量の漫画単行本やら、同人誌、少しずつ集めたペンやインク、スクリーントーンなど画材道具も一気に全部ゴミ袋に入れて捨てて、勉強だけにオールイン。毎日、学校⇒帰宅⇒ご飯とお風呂⇒ひたすら朝まで勉強、ちょっと睡眠⇒学校というルーティンを精神力ひとつだけで乗り切ったのは、今考えると極端すぎるけど、本当に抜け出したいという情熱がすごかったんだなぁと思います。
そんな子供時代を送っただけに、まったく勉強しない子供たちにはどうしたものかと本当、頭がいたいです。
「勉強しろ!」と今まで生まれて1度も言われたことがない自分が、今度は自分の子どもたちに「勉強しろ!」と言っている皮肉。
塾にむりやりいかしている今、お金もったいなーい!と思えても、塾すらいかないと本当に勉強しない子どもたちを思うと辞めさせることもできず・・・頭の痛い毎日です。

子育ての悩みを占いで相談でもしようかしら。

名古屋おすすめの当たる占いを口コミ人気順で紹介!話題の霊能者・透視ができる占い師とは

子供が歯を折った、心も折れた

夫が子供を連れて公園に行ってくるというので、夫と子供たちを見送り、癒しの音楽をヨーツベで聞き、クラウドワークスのお仕事を探し、さて、子供がいないからうるさくないし、コンテストに応募するシナリオを書こうとした矢先、家の電話が鳴った。
ものすごく嫌な予感がした。
ぜったいなんかあったなと。
シナリオ書けないじゃないか!!と思いつつ、電話に出ると、電話口から長女の鳴き声が聞こえ「あのさ、歯折った」と夫が言う。
でたー、この日曜日にさ、だいたいなんかしら日曜日よね???私が「何本?上下どっち?」と聞くと、「下二本、ぐらぐらしている」と夫。
いますぐ帰ると言うので、電話を切り、小児救急に電話。「ごめんなさいね、歯医者関連は、病院の案内してないんです」と電話口の人。
なにその線引き!!!
で、急いで日曜診療やっている地元の歯医者を検索。私のかかりつけ医は午前で終了。他にほかに・・・。なんか兄弟でやっている歯医者が出てきた。二人とも、おじさん。
しかも、「〇〇のグルメ」の原作者と仲良し?同級生らしい。あーもう!
もうここしかない。
行ったことない病院に行くのは、コロナ禍で正直怖いが、仕方ない。
電話すると、予約が取れた。今午後5時過ぎ。5時半に予約済。
夫が来るまで出かけた。
それにしても、長女は日曜祝日にけがをすることがおおすぎ。
肘が抜けたのも、腕が痛いと泣きまくったのも(結局インフル注射の腫れが原因)日曜日。
ちなみに、帰宅した長女の顔にはたくさんの涙線が。ナイル川か。
初めての歯医者だから、怖いかもしれないと、言いたいところだが、怖がらせてもしょうがない。
「お医者さんに行っといで」とあっさり見送った。
さあ、どうなるでしょう。ぜったい診察台に乗る前からギャン泣きになること間違いなし。
でも、私が付いて行っても、コロナ禍だし、少人数が良いだろう。
はあ。今、心を落ち着けるために、ここに書いています。
クラウドワークスさん、ありがとう。
ここで吐き出さないと、私も心折れそうでした。

子供に挟まれて寝てみた

私はぜん息持ちで、布団よりソファーで寝ることが多い。でも、最近、子供がどんどん大きくなって、一緒に寝れるのは今のうちかもしれないと、一緒に布団で寝るようにしている。
昨夜、長女と次女に挟まれて寝てみた。私は、夜中までパソコンでシナリオコンテストに応募する作品を書いていたので、深夜1時半に、子供たちの間に割り込んで寝た。
眠っていると、次女のうでが顔にぶち当たってきた。まあ、まだ三歳の子供の腕だから、軽いし、柔らかいし、可愛い。次に、長女が私にくっついてきたが、身体を半分乗せてきて、それがとにかく重い。20キロ超えている5歳児なので、まあこれからどんどん成長するんだろうなと思い、我慢した。
次に、次女の隣で寝ている、夫のいびきが始まった。
うるさい!本当にうるさい!!でも、子供たちに挟まれ身動き取れないし、大きな声で「ちょっと!うっさいんだけど!」なんて叫んだら、子供たちが子来てしまう。
うるさいいびきを我慢して、寝てみた。
で、今朝。長女と次女と私は、仰向けでピッタリくっついて、例えるなら「三本山のキットカット」みたいなかんじだった。
しかし、今日は早い時間から、勉強会に行くので、もう起きねばならない。二人を寝かせたまま起床。夫が朝ごはんを作っている。
久しぶりに子供に挟まれて寝てみて、幸せホルモンの「オキシトシン」が出ている気がした。
たまにはいいもんだな。
で、長女をよく見ると、耳カスが見えるではないか!!
急いで綿棒を持ってきて、寝ている長女の耳掃除開始。まあ取れるわ取れる。それに夢中になってると、長女が起きる。「おはよう、耳かきしといた。トイレ行っといで」と言うと、「何か、耳がカサって音する」と言う。
もう一度耳を見ると、どでかいのがあるではないか・・・。また耳かき再開。両耳合わせて、けっこう取れた。
次、次女。どんあ大物が取れるか楽しみにしていたが、何か全然きれい。若いからか?すごいやつ取りたかったのに・・・。綿棒でホジホジしていると、次女も目を覚ます。
はあ、朝から耳かきに集中して、何か疲れた。
でも、子供からしたら、耳かきで目覚めるって、気持ち悪そうだなと思った・・・。私なら嫌だもん。ごめんね、目覚めたら耳かきしてて。

子供がとにかくかわいい!

30歳で産んだ私の可愛い娘。もう少しで2歳。
世界で1番可愛くて、愛おしくて、今じゃいないことが考えられない大切な存在。
早生まれだからと発達面で心配していたことがたくさんあったけど、そんなの全部ぴょいぴょいっと飛び越えてあっという間にたくさんお喋りしたり色が分かるようになった。
2語文も、少しだけど3語文もでるようになってきて可愛さがさらに増した。
最近怒られるとギューッと抱きしめてきて「ママ、好き」なんてあざとい事も覚えて、怒っていたことなんて忘れてしまうくらい可愛い。
娘が産まれるまで子供なんてみんな嫌いだったけど、娘が産まれてからは娘より小さい子は(こんな頃あったなぁ)、娘より大きい子は(もう少しでこうなるのかぁ)って優しい気持ちで見られるようになって、今までの私の考えを全部かえてしまった。
子供だって元々できにくいって言われてたし、本当に愛せる自信がなかったから作るつもりなかったのに、私のところに来てくれた娘。
検査薬に陽性の線が見えたとき何故かすごく嬉しくて泣いた。
それから出血したり、つわりやお腹の張りと戦い続けて安定期なんて本当になかったけど、無事産まれてきた。
それからも娘にメロメロ。毎日かわいいかわいいって言い続けて、自分でも「かわいー!」っていう娘になった。笑
私は自分の出産を経て子供が可愛いと思うようになったけど、それを他の人に押し付けることはしたくない。
可愛くない、汚いと思うのは仕方ないことだし、実際子供は綺麗じゃない。
よだれも垂らすし、風邪を引けば鼻水ズルズルでまだ鼻も上手にかめないからそのままだし、手は汚いままベタベタ触ってくるし。
最近は減ってきたのかもしれないけれど、子供かわいいよー、とか結婚しなよー、とかの押しつけは迷惑以外の何物でもない。
そもそも私だって娘が世界一可愛いと思っているけど、それが世界共通では無いことはわかっているし、可愛いからってムカつかないかといったらそうではないし、人にすすめるほどできた育児はできてない。
でもやっぱり娘は可愛い。とにかく世界で1番可愛い。
世界共通になってほしいと思うくらい可愛い。おわり。

子なし夫婦がマイホームを購入したい理由

今住んでいるアパートは旦那の親戚がオーナーで、大家さんを引き受ける代わりにお家賃を少し安くして頂いています。
よく住所を書くたびに「一等地ですね。」とか「お若いのにずいぶんいいところにお住まいで!」とか言われますが、それはあくまでもそういう事情があってのことなので全く誇らしいと感じることはなくむしろ申し訳ない気持ちにさえなります。
大家さんと言えど実はほとんどやることはなくて、無断駐車を注意したり居住者でもないのにアパート敷地内駐車場に子供を連れてきて遊ばせるような母親を注意したり何かトラブルがあった時にオーナーに連絡する目付け役をする程度のことです。
最近そろそろマイホームが欲しいなと思うようになりました。
理由は三つあります。
1つ目の理由は、猫が一部屋を占有するようになり狭くなったことです。
我が家は引っ越してきた当初リビングダイニングに加え二部屋あり旦那と私が一部屋ずつ使えたのですが、猫好きな旦那が拾ってきた猫が不安分離症というメンタル疾患持ちで問題行動がそれはもう酷いものでした。
不安分離症とは飼い主と離れるとパニックを起こしたり問題行動を起こしたりする病気です。
去勢手術をして獣医に何度も相談しかなり改善されたのですが、今でもちょっとしたストレスや環境の変化で家じゅうに粗相をしますし嘔吐の頻度も多く、危険行動や破壊行動も酷くなるので同じ部屋では暮らせません。
結果、キャットタワーと冷暖房完備の六畳を猫に占拠され夫婦二人の居住空間はリビングと私の部屋だけになり、狭いスペースにベッド、テーブル、キッチン、二人分のデスクなどワークスペースが集合しプライベートがないばかりかそれぞれの趣味の物を自由に飾れないので大喧嘩をすることもあり限界を感じています。
2つ目の理由は、旦那の実家が旧家の地主であり我が家の周辺に義実家や親戚がたくさん居住していることです。
悪いことができないといいますか(いや、悪いことはするつもりないんですが。)いつでも周囲からの視線が気になります。
洗濯物を干していてもすぐ近くの親戚と目が合いますし、うちが旦那の一族のアパートの大家さんであることは周囲に知られているので当然模範的な行動が求められることに少々疲れてしまいました。
3つ目の理由は、アパートの劣化と管理会社が身内であることです。
旦那の祖父は自費で600万円をかけ今住んでいるアパートをリフォームしてくれました。
しかし建物自体は経年劣化し、あちこち修繕を繰り返しており我が家も修理を依頼しているところがあるのですが、管理会社の経営者も身内なので後回しにされてしまい文句も言いずらい状況です。
観光地として人気の立地であるだけで老朽化したアパートでも居住希望者が後を絶たないことに甘えているのも事実ですが。
オーナーに尋ねると最長でも10年で取り壊すとのこと。
ここは危ないんじゃないかなと素人目で見ても分かるような箇所もあり早く引っ越したいです。
最近マイホームの候補としてとても気に入った新築物件があり、今不動産会社を通し審査が通るか結果を待っている状態にあります。
もうこれだけは私たちの努力ではどうにもならないですけど、無事に審査が通ることを願っています。