月別アーカイブ: 2021年1月

財閥の韓国ドラマを見て

私が見て良かったのは「優雅な一族」です。内容は書斎でチョリはハン常務と言って口答えが増えて参ったのです。ワンスを後継者にふさわしい男にする命令を変えないのです。ソッキは父に聞きたいことがあると言ってやって来るのです。母さんを捨てたことを後悔してないのか問いかけに来たのです。母さんは私と一緒にこの家に戻ろうしてたのです。受け入れる気はなかったと聞きたいのです。父さんがどんな気持ちだったのか知りたいのです。チョリはソッキに私は過去を振り返らないと答えたのです。ソッキは父に母さんが憎いと感情を爆発させるのです。そもそも愛してたのか疑わしいのです。チョリはソッキに真実は一つとは限らないと教えるのです。チョリはソッキより先に書斎を出るのです。TOPの会社でジェグクは同僚たちに会長は長男が後を継ぐプランも必要だと伝えるのです。サンウォンはハン常務に正しい判断と思ったのです。ギョンアはハン常務にあまりにも早い段階で長男を排除していた気がするのです。ジュヨンはハン常務に性格がよく長所もたくさんあると褒めるのです。ジェグクは会社の同僚たちに扱うのが楽だから賛成と厳しい言葉を投げつけるのです。ジェグクは会社の同僚たちに反対の意見を伝えるのです。万が一に備えたいという考えには同意するのです。でも万が一の時はワンスさんじゃダメなのです。行動が読めない経営者は危険なのです。リスクは会社が背負うことになるのです。よって私の結論はノーと変わらないのです。ワンスはTOPの会社でタイミングが悪くやって来たのです。ワンス一人はハン常務にここへ来ると生命力が感じられていいと伝えるのです。ここの空気を吸ってたら長生きができそうと言うのです。ワンスはハン常務に花束をいきなり渡すのです。ワンスはハン常務の部屋で君に似合うのはスーツだけど周りは思ってるのです。でも俺は違うのです。ハン常務こそ花がよく似合う女性と言うのです。すばらしい画で最高と話すのです。グラジオラスが気に入ったか気にするのです。