子なし夫婦がマイホームを購入したい理由

今住んでいるアパートは旦那の親戚がオーナーで、大家さんを引き受ける代わりにお家賃を少し安くして頂いています。
よく住所を書くたびに「一等地ですね。」とか「お若いのにずいぶんいいところにお住まいで!」とか言われますが、それはあくまでもそういう事情があってのことなので全く誇らしいと感じることはなくむしろ申し訳ない気持ちにさえなります。
大家さんと言えど実はほとんどやることはなくて、無断駐車を注意したり居住者でもないのにアパート敷地内駐車場に子供を連れてきて遊ばせるような母親を注意したり何かトラブルがあった時にオーナーに連絡する目付け役をする程度のことです。
最近そろそろマイホームが欲しいなと思うようになりました。
理由は三つあります。
1つ目の理由は、猫が一部屋を占有するようになり狭くなったことです。
我が家は引っ越してきた当初リビングダイニングに加え二部屋あり旦那と私が一部屋ずつ使えたのですが、猫好きな旦那が拾ってきた猫が不安分離症というメンタル疾患持ちで問題行動がそれはもう酷いものでした。
不安分離症とは飼い主と離れるとパニックを起こしたり問題行動を起こしたりする病気です。
去勢手術をして獣医に何度も相談しかなり改善されたのですが、今でもちょっとしたストレスや環境の変化で家じゅうに粗相をしますし嘔吐の頻度も多く、危険行動や破壊行動も酷くなるので同じ部屋では暮らせません。
結果、キャットタワーと冷暖房完備の六畳を猫に占拠され夫婦二人の居住空間はリビングと私の部屋だけになり、狭いスペースにベッド、テーブル、キッチン、二人分のデスクなどワークスペースが集合しプライベートがないばかりかそれぞれの趣味の物を自由に飾れないので大喧嘩をすることもあり限界を感じています。
2つ目の理由は、旦那の実家が旧家の地主であり我が家の周辺に義実家や親戚がたくさん居住していることです。
悪いことができないといいますか(いや、悪いことはするつもりないんですが。)いつでも周囲からの視線が気になります。
洗濯物を干していてもすぐ近くの親戚と目が合いますし、うちが旦那の一族のアパートの大家さんであることは周囲に知られているので当然模範的な行動が求められることに少々疲れてしまいました。
3つ目の理由は、アパートの劣化と管理会社が身内であることです。
旦那の祖父は自費で600万円をかけ今住んでいるアパートをリフォームしてくれました。
しかし建物自体は経年劣化し、あちこち修繕を繰り返しており我が家も修理を依頼しているところがあるのですが、管理会社の経営者も身内なので後回しにされてしまい文句も言いずらい状況です。
観光地として人気の立地であるだけで老朽化したアパートでも居住希望者が後を絶たないことに甘えているのも事実ですが。
オーナーに尋ねると最長でも10年で取り壊すとのこと。
ここは危ないんじゃないかなと素人目で見ても分かるような箇所もあり早く引っ越したいです。
最近マイホームの候補としてとても気に入った新築物件があり、今不動産会社を通し審査が通るか結果を待っている状態にあります。
もうこれだけは私たちの努力ではどうにもならないですけど、無事に審査が通ることを願っています。